大家在学习形容词名词化时,一定会接触到「~さ」和「~み」这两个接尾词,那它们在用法上有什么区别呢?我们先来试着做一道题。

この手紙には書いた人の真面目(  )があらわれている。
a さ    b み

大家都完成了吗?

本题的正确答案是a!做对了吗?

现在我们就来具体讲解一下。

~さ:

1)接在イ形容词或ナ形容词词干后构成抽象名词。表示某种性质、状态及程度。

例:

暑さ寒さも彼岸(ひがん)まで

冷不过春分,热不过秋分【谚语】

ビルの高さをはかる

测量楼的高度

うわさには聞いていたが、実際目にしてその雄大さに驚いた。

虽然是听说过,但是实际一看,对其壮观感到惊讶。

2)接在某些表示状态的汉字词名词后表示性质、状态。

例:

そういう積極さが消えてしまった。

这种积极性消失了。

~み:

接在イ形容词或ナ形容词词干后构成名词。

1)接在感觉、感情形容词后,表示主观感觉

例:

心の痛み

心灵的痛苦

悲しみに沈(しず)む

沉浸于悲哀之中

読書(どくしょ)の楽しみ

读书的乐趣

2)接在属性形容词后,表示感觉到的客观特征(状态、色调、味道、温度等)

例:

顔が広いのが強みだ。

交际广是强项。

甘みが足りない。

甜度不够。

区别:

「さ」は対象物(重いもの)を客観視する場合に使い、「み」は対象物の性質や状態を観察者(重たく感じる自分))が主観的感覚的に捉える場合に使います。

「さ」是客观地捕获、抓住该事物的性质、状态、程度,「み」是主观地感受到该事物的性质、状态、程度。

比如,「深さ」是测量出来的,而「深み」是感觉出来的。

例:

海の深さはどうやって測りますか?

怎样测海水的深度?

あの人は深みのある人物ですね。

那人是个有深度的人。

再如,「重さ」指物体的重量,「重み」指沉重、重要的感觉。

例:

この小包の重さは?

这个小包的重量是多少?

人生の重みを感じる一言。

感受到人生的沉重的一席话。

想查看更多日语学习文章可扫下方二维码关注沪江日语教研↓

本内容为沪江日语教研原创,未经授权严禁转载。

相关阅读推荐:浇花用あげる还是やる:授受动词你掌握吗?